2017年に初めて2部降格となった名古屋グランパスエイト。この逆境をバネに、サポーターと地域が一体となってチームを応援。「また来たくなるスタジアム」を意識した仕掛けで今シーズンは観客動員目標の50万人を突破。その驚異の右肩上がりの秘密を株式会社名古屋グランパスエイト 専務取締役 清水克洋氏が語ります。

MARKファミリービジネス研究会は、この講演会に協賛します。

詳細・申込みは主催者の名古屋中小企業振興会ホームページから

https://nagoya-sinkokai.jimdofree.com/