2020年4月から始まる経営者のためのビジネスセミナー『第四期 MARKファミリービジネス研究会』のメンバーの募集を開始します。

どの講演も聴き逃せない実力派講師8名が登壇する第四期のプログラムです。

講師の語る実例は生きた教本です。MARKファミリー研究会は、あなたの会社を強くするすばらしい機会を提供します。

詳細・お申込みは、トップページ右上の「ファミリービジネス研究会」からお願いします。

【講師紹介】

4月:浅野撚糸 浅野雅己社長

850万枚を超える大ヒットタオル「エアーかおる」

廃業寸前から奇跡の復活 「カンブリア宮殿」で話題に

 

 

 

 

5月:エスワイフード(世界の山ちゃん) 山本久美社長

カリスマ創業者の急逝で妻が事業を継ぐことに

87店舗、従業員1400人を抱える居酒屋チェーンを率いる元専業主婦社長の活躍

 

 

 

6月:minitts(佰食屋) 中村朱美社長

「ガイアの夜明け」で大反響

「1日100食限定」京都の人気店「佰食屋」の人生が変わる働き方

 

 

 

7月:中部SDGs推進センター 戸成司朗代表理事

17の目標と169のターゲット 産業界が大注目の国際目標SDGs

そこには事業拡大、新規事業開発のヒントが満載

 

 

 

8月:三竹生コンクリート 村山雄司社長

父親から継いだ会社は借金と累損を合わせて6億円という崖っぷち状態

他社との差別化が難しい生コン業界で再生を果たすことができたその戦略とは

 

 

 

9月:富士特殊紙業 杉山仁朗会長

水性グラビア印刷シェア世界№1

技術開発を進め、生産性を高める人づくり

 

 

 

10月:マザーハウス 山崎大祐副社長

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」熱い想いからスタートしたマザーハウス

「社会性」と「ビジネス」-対立でなく両方の良さを組み合わせる「第3の道」をめざす

 

 

 

11月:Japan Food Expert 長田絢社長

様々な人生経験を経て、学歴・職歴なしの専業主婦が食の大切さに目覚めて起業

東海地区を代表する料理研究家が語る女性、母親としての経営者のあり方